なぜ!私がEMAメンタルトレーナー養成講座を受けようと思ったのか③

オフィス・K代表は十勝の中学生サッカークラブチームのメンタル講習を行っております。

いつもお世話になっております

オフィス・Kの小松美栄子です。

現在、新型コロナウイルスの影響により、最前線で働く皆様のご尽力に心から感謝を申し上げます。一日も早い終息と安全、安心の毎日が戻りますよう願っております。

それでは今日のテーマは、最終回 何故!私はEMAメンタルトレーナー養成講座を受講しようと思ったのか?です。第1回目は4月15日、第2回目は4月24日に投稿させていただきました。

③いったい自分は何を考えていて何をしたいのか?どうなりたいのか?迷子になっていた私が、メンタルトレーナー養成講座を受講して変化をしたことです。

結論は4つあります。

  • 本当は、自分が何を考えているのかを客観的に見ることが出来るようになりました。
  • 自分が、本当はどうしたいのかが、明確になりました。
  • 他者と比較して、自分が劣っているという感覚が減少しました。
  • ブレづに、自分のペースを守れるようになってきました。

資格を取得してからのことです。私はまるで迷子のようにメンタルが不安定になりました。

前回の続きになりますが、自分の本当の望みは「またプロ意識を持ち仕事に没頭し、充実感を味わいたい」ということだったことを、資格を取るまでの間に忘れてしまっていたのです。資格を取得することが目標に、いつの間にか変わっていたのです。(短期目標としてはこれでいいのですが)

資格試験に合格した瞬間に、燃え尽きてしまったのです。そうです!心理学でいう燃え尽き症候群です。(中期目標、長期目標がすっかり見えない状態に陥りました)

資格取得後は、資格取得者しか受講できないメンタルトレーナー養成講座サードステップ講座を受講しました。同時に、現在オフィス・K代表小松明広のセミナーのスタッフや司会をやらせて頂いたり

帯広や旭川でのセミナースタッフなど、色々な活動をさせて頂きました。しかし、燃え尽きている私には充実感が少なく、メンタルトレーナーとしての実感まで薄くなっていました。また、当時の小松代表は、超体育会系で活動の度ごとに愛のダメ出しがあり、目標を見失っていた私は、どんどん自信がなくなり、活動が楽しいと思えない時もありました。(今だから愛のダメ出しと言えますが当時は気づけなかったのです)

コールセンターでのパートもセミナーのスタッフ活動にも充実感が無く、仕事もただただ、その日の仕事を無事に終えるだけと感じていました。(無事に終える事もこれもとても大切なことです)

しかし、私は何のために資格を取ったのか、資格を活かせていない、そして、家族や、周りの人からも、資格を取得して何をしているの?と聞かれても、個人としては具体的に答えられませんでした。

私は、一体どうなりたいんだろう。資格を取ったからと言って、すぐに企業研修の講師になれるわけでもなく、個人セッションの依頼が入るわけでもなく、何か自分を売り込むような行動も何一つとっていない。そんな否定的な言葉を並べて、どんどん視野が狭くなっていく時もありました。

この期間のことは、今思い返しても、頭の中にモヤがかかっていたようでした。思いと行動が伴わない事へのフラストレーション、心と体が分離したような感覚になりました。暗くて長いトンネル、深い々穴の中にいるような感覚だったように思い出されます。

そして、当時所属していました当時のメンタルトレーナー協会(会長は小松明)とも距離をとる事になりました。

心が空っぽで、また何をしても力が入らない。「私のメンタルは本当に強化されたのだろうか」と疑問に思う日々でした。

しかしそんな時に友達の紹介で個人セッションの依頼を頂いたのです。現在の私なら、勉強してきたことを実践できるチャンスがやってきた!!と喜べるのですが、その時の私は自己否定サイクル中で依頼を引き受けるかどうかを迷いに、迷い、自分で決める自信もなく、距離をとっていた代表に連絡をしました。

その時に、「やってごらん」と背中を押してもらい、初めて個人セッションをやらせて頂きました。セッションまでに行った行動は、自分を整えるためのメンタルトレーニングと瞑想、リラックスでした。

とにかく、個人セッションを行うという目標に対して「自分を整える」事に集中しました。

「目標がはっきりすると、今何をすることがベストなのかが明確になる」そう!講座で習った通りなのです。

そして、初めての個人セッションを終えました。そうしたら、同じ方から次回の個人セッションの依頼がきたのです!!少しでもお役に立てた事が、嬉しくとてもやりがいを感じました。

そこで!思い出したのです。

そうだった。私の目標は「またプロ意識を持ち、仕事に没頭し充実感を味わいたい」そのためのツールの一つとして、メンタルトレーナーの資格を取得したこと。また、今回の個人セッションの実践を通して「少しでも人のお役に立てた事に、とてもやりがいを感じ、嬉しかった事」が鮮明によみがえってきました。

勿論コールセンターのお仕事も、過酷な面もありましたが、やりがいがありました。しかし私が本当に求めていたのは「会社で決められたトークフローに沿ってお話をする事ではなく」自分が本当に感じること、共感できることを、自分の言葉で表現し、お伝えすることだと気付きました。

仕事や、人生の目的や目標を常に持ち続け、そして意識し続けることの大切さを、講座の中でおそらく何千回も聞いていたはずなのに、この経験でやっと腑に落ちた気がしました。

自分が「本気」じゃないと「本気で自分の心と向き合えず、本気の目標は立てられない」という事が大きな気づきとなりました。

他者からどう思われるだろうか?元々もっている思考「子供がおさなくとも、主婦としてちゃんとやらなければならない」というささやきも頭の中をよぎりましたが、コールセンターのパートを辞めました。

目標が明確になってくると、アイディアが浮かんでくる!「そうだ!もう一回やってみたい。と思っていたことがあった」バスガイドです。資格を取る前と、とった後の変化が一番分かり易いし、引退してから人前に立って話をする機会が少なくなっていたので、今後メンタルトレーナーとして講師をやるうえでも準備にもなる!!

そこで9年ぶりに1シーズン(6か月)1か月に10日間だけ、出張は1泊だけと決めて挑戦することに決めました

しかし9年もブランクがあり、その間には市町村の合併や、知床が世界遺産になっていたり、新たに勉強しなおすところは沢山ありました。

そして、何よりブランクの長い何者かもわからない人間が、バス会社に突然働かせてくださいと言ってもそう簡単にはいきません。

そこで現役時代のバスガイドの仲間や、以前お世話になったバス会社の方々の温かいご協力と家族の協力があり、バス会社数社と単独契約で自分の条件に合ったお仕事を選択し融通をきかせて頂くことが出来ました。(余談➡色々な会社の制服が着れてそれも嬉しかったです)

そして、実際に大きな変化に気づきました。

以前と比べて、お客様とのコミュニケーションをとる時間がとても長くなりました。以前の私はガイドだから、私が話すのが当然で、お客様は聞いてくれる。それも一つの手法ですが。お客様のお話に耳を傾ける時間が多くなった分、ご提供させていただく内容が、自然とその都度変化していきました。(決められている所は必ず説明)

「そういえば、以前はお客様とのコミュニケーションが少なく、自分本位の案内になっていたな」

など本当に沢山の変化と気づきがありました。あっという間に1シーズンはすぎました。ブランクがあったので、本当に記憶をよみがえらせることや、何より後ろ向きでずっと立ち続け、毎晩足が浮腫み、肉体的に本当にキツかったですが、やっぱり!自分の気持ちに逆らわずにやってみて、本当に充実感と、大きな気づきに大大満足でした。

 今振り返ると、1シーズンを終えた後にやり切った感が嬉しくて、嬉しくてたまらなかったです。

そして、過去の自分も「12年毎日よく頑張っていたな~」と思いっきり自分を褒めました。

 バスガイドをやるにあたり、バス会社の皆様、家族、沢山の方にご協力いただいた事は感謝という言葉だけでは表現できません。沢山の愛情を頂いたという表現の方がしっくりきます。

本当にありがとうございました。

 それではでは次の段階です。

オフィス・K 代表小松明広

 少しづつ自信がついてきた私はその後、オフィス・K代表と一緒に常に企業、団体、セミナー研講演会に同行し名刺交換をさせて頂き、会場の一番後ろで代表の話や内容のメモを取る日々がスタートしました。

 特に、何度もお会いする担当者の方には顔を覚えて頂くこと、そしてほんの少しでもコミュニケーションをとる事に徹底しました。

 初めて同行させて頂いた研修では、部長さんとの名刺交換で名刺を落としてしまい、体が凍り付いたり、名刺を忘れてしまったり、代表の研修の最中なのに眠くなったりと色々なことがあり自信を失いかける事もありました。

 その度に、代表から「誰もあなたの自信のなさなんて関係が無いのだから、とにかくどこに行ってもメンタルトレーナーとして堂々とする事」この言葉は今でも心に響いており常に意識しています。

 今振り返るとその時の私は、企業様がメンタルトレーナーに何を求めているかよりも、他者からどう思われるかばかり気にしているただの空気を読めていない人物だったのです。

それからは、胸を張って自信を持って同行することを、常に意識しているうちに変化が出てきました。

 今まで、どこの企業様へ同行しても私の席は会場の一番後ろの席でした。

 しかしある時から、一番前の代表の横に席を用意して下さるようになったのです。どこの企業様に行っても一番前に席を用意して下さっているのです。勿論こちらから何もお願いしているわけではないのです。

 なぜ?何が変化したの?講座で習った自己分析や、思いの具現化などを通して気が付いた事は私の心の「本気」という変化ではないかと分析しました。

 私は「代表のように皆様の前で講師をやる!」と本気で思っていました。

その思いが、どんなに失敗や落ち込む事があってもブレなくさせました。そして同行をしているので会場や、雰囲気、自分が講義をする環境を、臨場感を持ってイメージでき、インプットする回数がどんどん増えていました。

 すると、代表が長年外部講師を務めております講習の講師をやってみませんか?と私にも声をかけて頂き契約を結んでいただきました。また、その講習は沢山の企業様の法制化されている管理者の方が、100人~200名が集まります。さらに講習を聴いて下さった企業様から研修講師のご依頼を頂くようになっていきました。

その後も代表に同行させていただき、企業様の女性社員の個人セッションやストレスマネジメントの講義、同会社の本州の支店でもセッションと講義をさせて頂くようになりました。

外部講師としての講習

 現在は代表とは別々に活動を出来るようになり、背中を押してくださる方との出会いもあり、コラボでスピーチレッスンセミナーや、お話会からスタートし、個人としてセミナーの企画にも取り組めるようになりました。

 本当に代表は勿論ですが、背中を押してくれる方、メンタルトレーナーの仲間の皆様の温かい思いと、行動のお陰で今があります。

 私は、メンタルトレーナー養成講座を受講し、自分自身と向き合う力を養うことが出来たと感じています。自分を見失しないそうになった時、客観的に「どうしたの?」と自分に問いかけます。

「何に不安を感じているの?」などなど。。。

自分と向き合った後は、必ず「どうしたら?」それらの不安を解消していけるかを自分に問いかけます。

最後に一番大事な質問「自分は本当はどうしたいの?」「ではそうなる為に今できる事は何か?」

まるで、自分で自分にセッションをしているかのように冷静に、動じず自問します。

 私も一人の普通の人間ですので、短所、長所、強み、弱み、喜怒哀楽のすべて一緒に共存しています。腹も立つ時もあります。誰かのせいにしたくなる時もたまにはあります。

「それも全てひっくるめて私という素晴らしい人間である」ということを気づかせてくれる講座でした。

EMAメンタルトレーナー養成講座in札幌の様子です。
今年は第11期が始まります。

現在は講座を運営する側になりました。

この講座は、メンタルトレーナーをお仕事としてやってみたいという方のみならず。

・明るく楽しい人生を送りたい

・関係を良くしたい

・今の職場で資格を活かして活動をしたい

・子育てに役立てたい

など、どのような方にも受講をいただけます。

受講者された皆様からは

・子育てで悩んでいた方は、講座を受講し自分が変化したら子供も変化した。まずは自分が肯定的に変化することの重要性を知った

・色々な出来事を冷静に考えられるようになった。ブレなくなった。

・人とのコミュニケーションが以前より苦痛に思わなくなった。

・物事を前向きに捉えられるようになった

などのお声を頂いております!(^^)!

 これは、私の講座を受講してからのストーリーのほんの一部です。受講いただいてる皆様それぞれのストーリーがあります。お客様のストーリーも是非ご紹介させて頂きたいと思っております。

 今は、皆さまに直接お会いすることは難しいですが、一日も早く安全、安心の毎日が来ることをお祈りしております。

長文となりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました<m(__)m>

※ オフィス・Kからのお知らせです

札幌開催のEMAメンタルトレーナー養成講座in道央第11期の日程は新型コロナウイルスの影響により変更となる場合がありますのでごお問合せ下さい。

決まり次第ホームページにてご案内させていただきます。

受講者を募集しております。講座のカリキュラムなどの詳細はこちらからご覧ください。↓↓↓

https://www.office-ak.net/?page_id=23

個人セッション

現在、小松美栄子のセッションは5月末まで通常1時間1万円のところ。

1時間6000円でお受けしております。また、現時点では対面での個人セッションは難しいため、オンラインセッションを行っております。

小松明広は通常料金一時間10000円です。個人セッションの詳細はこちらをご覧ください↓↓↓

https://www.office-ak.net/?page_id=21

EMAメンタルトレーナーの皆さんと懇親会!

※写真は全て、新型コロナウイルスが発生する前のものです。